外側上顆炎(テニス肘)

2010年12月17日

前腕の伸筋群(手首、指を伸ばす筋肉)と回外筋群(手首を外捻りする筋肉)の使い過ぎによって、外側上顆部(肘の外側)で伸筋腱や骨膜が炎症を起こす疾患です。
高頻度に見受けられる疾患ですが、治療のタイミングが遅れると中々厄介です。
多くの患者さんは、いつか治るだろうと思われ、数ヶ月間放置されて受診されることが多く、しばしば治療に苦労します。
前腕の伸筋腱(主に短橈側手根伸筋腱)の損傷や炎症と考えられ、手作業を強いられる職種の方、肘や手首を酷使する主婦に多く認められます。
又、バックハンドを多用するテニスの選手に多いため、別名「テニス肘」とも呼ばれています。

当院では、まず日常生活動作の注意点を指導し、作業中や運動時には外側上顆炎用バンドの着用を勧めます。
痛みに対しては、超音波治療、マッサージ、温熱療法、電気療法、ストレッチ、筋力強化訓練を指導し、患部の硬くなった筋肉を緩めます。
症状の強い方は鍼灸治療が最も効果的です。