オスグットシュラッター病

2010年12月17日

サッカー、バスケットボール、バレーボール等のスポーツをしている小学生~中学生に多くみられます。
膝下が腫れて痛みを生ずる疾患で、大腿(太もも)の前の筋肉(大腿四頭筋)が膝のお皿を介してつながる脛骨の付着部にある骨端軟骨の剥離です。
この時期は急激に軟骨から骨に成長する時期で、膝を伸ばす力の繰り返しによりこの成長軟骨部が剥離するために生じます。

保存的治療(手術しない方法)が原則です。
当院では可能な限りスポーツ活動を一時中止して頂き、超音波治療、温熱療法、大腿四頭筋のマッサージやストレッチ、筋力増加訓練をします。
難治例(なかなか治らない症例)ではギプス固定などを検討します。
症状が改善すれば十分なウォーミングアップをして、オスグットサポーター等を着用すればスポーツ活動を再開できます。
スポーツ終了時には必ずクールダウンとしてアイシングや各種のストレッチをして下さい。