アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎・アキレス腱滑液包炎

2010年12月17日

スポーツ活動や長時間の作業による慢性的なアキレス腱への刺激や間違った靴選びによって発生すると考えられています。
症状は痛みや腫れです。
中には、痛みのために足首の運動障害や歩行障害を認める症例も経験します。
診察ではアキレス腱の肥厚や圧痛、足首の運動制限などを認めます。
レントゲン検査では特徴的な異常所見はありません。
時に、アキレス腱の肥厚やアキレス腱付着部の骨棘(骨のとげ)を認めることもあります。

治療は保存的治療(手術しない方法)が原則です。
当院では、可能な限り誘因となったスポーツ活動を控えて頂き、超音波治療、マッサージ、温熱療法やストレッチ、筋力強化訓練などを指導します。
頑固な症例ではギプス固定を勧める場合もあります。
再発を繰り返す症例ではアキレス腱にかかる負担を軽減する目的にて装具療法(足底板)の装着を勧めます。