むち打ち症(頚椎捻挫)

2010年12月14日

頚椎捻挫とは何らかの原因(交通事故、スポーツなど)で首が不意に衝撃をうけ、頚部が前・後屈動作(前倒し、後ろ反り)や回旋動作(ねじれ)を強いられ引き起こされる症状を言います。

急性期は頚部の安静を指示し、症状が強い場合は頚椎カラー固定を着用させます。
痛みに対しては超音波治療などで局所の痛みを取り、手技療法(マッサージ等)、温熱療法、電気療法、ストレッチ、筋力強化訓練などを行います。

交通事故の場合も、当院は交通事故専門治療院として交通事故治療に特化しているのでご安心下さい。
病院で痛み止めと湿布のみの治療で、中々満足のいく治療効果が出なかった方は是非当院にご相談下さい。