肩こり

2010年12月10日

便利になった現代社会における日常生活の副産物として、「生活習慣の乱れ」「運動不足」などが挙げられますが、肩こりの原因の中で一番多くみられるのは「筋肉の疲労」によるものです。
デスクワーク等による「長時間での同じ姿勢」これに伴う「不良姿勢」「机と椅子のアンバランス」「不良姿勢による長距離運転」など、“全身を使わず、同じ筋肉のみ使いつづける”結果、筋肉が疲労を起こし肩こりの原因として多く現れるのです。
基本的に予防が一番大切です。

当院では、超音波治療、電気療法、温熱療法、マッサージなどを中心に患部の硬くなった筋肉を緩めます。
症状の強い方は鍼治療が最も効果的です。
当院では、運動療法としてバスタオルなどを使ったストレッチなどを指導します。

自分では肩こりと思っていても違う症状の場合もありますので早めの受診をお勧めします。