交通事故治療

2010年12月10日

交通事故による負傷は、自分で思う以上に心身共にダメージが大きいです。
負傷した直後は興奮している為に大丈夫だと思っていても、興奮が冷めると痛みが増幅します。
事故直後は救急車で病院に搬送される事が多いですが、その時は明らかに負傷している部位以外は、どこが痛いのか良く分からないと思います。
大体2日~5日後に痛い部位が増えてきます。

当院に通われる交通事故患者様は病院で治療しても治らないと訴える方がほとんどです。
なぜ当院が交通事故患者様が多いのか、それは丁寧な手技療法(マッサージ中心)や電気治療、超音波治療などの効果が高い治療を患者様のペースで行うからです。
そして保険会社との交渉次第で、より効果の高い鍼灸治療が出来るのも当院の特徴です。

最近の自賠責の保険会社は医師の診断書を中心に考える所が増えてきました。
残念ながら接骨院で痛い部位を治療するのも、医師の診断書に書いていない部位を治療出来ないという保険会社もあります。
医師の診断書には少ない部位で書かれますが、痛い所が分かり次第診断書の部位は増やしてもらう方が納得した治療を受ける事が出来ます。

当院は交通事故治療を得意としているので何でもご相談下さい。